未経験を脱するために、派遣社員に

  • 投稿日:
  • by

バイトなどで上手く社員への起用が決まればいいのですが、こうした企業に就職できない場合、派遣社員からのスタートは未経験者にとっていい方法かもしれません。何と言っても未経験ではなく、経験ありの肩書が手に入るのです。私も過去に派遣会社として働いた経験がありますが、実際に企業に採用されるまでの間、研修などを受ける事ができ、知識を付ける事が出来ました。どんなスキルを磨いておけば企業採用に有利なのかと言うポイントも派遣会社や社員から直接学ぶ事が出来たり、セミナーなどに参加しスキルを高めていけるのも派遣社員ならではだと思います。また今ある技術で賄える就職先を選んでもらえるのも嬉しい所と言えるでしょう。WEBデザイナー未経験者にとって、派遣社員から始めるのも一つの方法と言えるのではないでしょうか?

転職の時に私が気を付けた事

  • 投稿日:
  • by

私も過去に転職して今の企業に就職しましたが、その当時まず応募企業を選ぶために注意したことがあります。それは長くいつも掲載されている企業は応募を避けていました。いつでも掲載されている企業は、ブラックと呼ばれる企業であるケースも考えられ、例え採用となってもやめていく社員が多いのではと疑われるからです。同じ転職仲間の友人がとある企業に面接に行った時があったのですが、面接で特に難しい質問をされることはなく、即採用となりました。その後、友人は就職して働くことになったのですが、日々簡単な作業を永遠にこなす仕事が主で、残業の多い会社でした。もちろん毎月やめていく人がいて、常に応募者を募っているとのことでした。友人も結局半年ほど働いてやめることになったのですが、こうした企業は求人掲載の長さで分かります。気を付けた方が良いですよ。

転職エージェントも使えるのでは?

  • 投稿日:
  • by

最近は就職や転職のためのエージェントが広く普及し始めていますが、私の会社にもエージェントの営業マンが度々やってきます。会社で欲しいと思っている人材の詳細や、出来ればどのくらいのスキルを求めているのか等打ち合わせを兼ねた訪問です。かなり細かな内容まで掘り下げてくるので、信頼を置いています。その営業マンの話によると、就職したいと思っている方にもこうしたケアがあるらしく、自分ならどの企業が適しているか、面接ではどういった点に気を付ければいいのかなどのフォローもあるそうです。私が転職した時にはなかったサービスなので、話を聞きながら感心してしまいました。転職は就職と違い一人での戦いですから、こうした手助けがあると安心です。企業に詳しい点も心強いですよね。転職の味方として、利用してみるのも良いと思いますよ。

企業での派遣社員とは

  • 投稿日:
  • by

勤めている会社では、採用で賄える人材がいない場合に、以前は派遣社員を利用していました。コスト的には安価なものではありませんが、要望通りの人材が派遣されるとのうたい文句から起用を決定していました。ですが、実情はあまり有効と言えるものではありませんでした。最近では派遣社員の事情も変わってきていますが、その当時はある程度のスキルある人材でもすぐに仕事をこなしていける派遣社員はわずかでした。知識はあるものの、未経験採用者同様、やはり会社のスタイルを教え込む必要があるケースがほとんど。そうした背景もあり結果、私の会社では、バイトとして採用し、会社で働いてもらえる人材を育てて、やがて社員として迎える方が、長い目で見ると会社のためになるのでは...と考えたのです。それからというものバイトから社員に起用するなどの採用方法を取り入れています。

フォーカル・ポイントの重要性

  • 投稿日:
  • by

フォーカル・ポイントとは一目見て、ユーザーが狙い通りに視線を持ってくるよう強調と誘導を図るデザイン手法の一つです。フォーカル・ポイントの要素としては、写真やグラフィック、見出し、テキストなどが該当しますが、デザインではすべてを強調させることはできないので、強弱をつけることで、視線を誘導させます。例えば、フォントを大きくしたり、線で囲む、サイズや形を考えたり、色や配置などを試し、最も優れたイメージを選んでいくのです。ユーザーに見てもらいたいものに、フォーカル・ポイントを設定することで、よりサイトの質が上がると言う訳です。WEBデザインの基本ともいえ、デザインの大切な部分とも言えますので、しっかり押さえておきましょう。

アルバイトやパートの未経験OK求人とは?

  • 投稿日:
  • by

アルバイトやパートなどの求人で未経験OKと言うものがありますが、どの程度の技術力があれば応募できるものなのでしょうか?未経験と一口に言っても全く使い物にならない程度から、ある程度の知識がある人まで様々ですから、WEBデザイナーとしてスキルを高めようと思い、応募したい方にとっては気になるところと言えるでしょう。アルバイトだけを目的とした求人なら、簡単な更新作業などをお願いしたいと言った程度でしょう。もちろん社員として技術者がいることも考えられますので、補佐的な仕事内容が主な狙いと言えるでしょう。応募者の中でサイトデザインやコーディングまで出来る方がいれば、尚良し、社員起用も考えても良いと言う所が本音と言えるでしょう。

アルバイトから社員起用を考えている方へ

  • 投稿日:
  • by

アルバイトから社員として起用してもらったと言う話を同じWEBデザイナーの中でも良く耳にします。もちろんそうした社員雇用を狙ってバイトをしていくのであれば、HTMLCSS程度の知識は必須と言えますが、始めは、社員デザイナーのアシスタントとしてスタートする場合が多くなっています。デザインなど一人でこなして行けると判断した場合、社員採用の対象となる訳です。先輩社員の方がどう判断してくれるかが、重要な社員雇用のポイントと言えるでしょう。スキルは経験を積むことである程度得る事が出来ますし、仕事のスピードや容量も掴んでいくことができます。無理だからとあきらめるのではなく、意欲的にチャレンジしてみるのが一番と言えるかもしれませんね。

WEBデザインの求人広告を掲載する際に、一番悩むのが求める人材です。もちろんスキルが高く、技術のある方の採用をと思ってはいますが、始めから必要でない場合もあり、悩みどころと言えます。他の同じジャンルの求人を参考に見ることもありますが、自分の会社と必要なスキルが違っている場合も結構多いと感じています。やはり会社それぞれ業務内容が若干異なってくるため、求人のスキル欄に記載されている内容も違っているのでしょう。転職で皆さんが、やはりまずチェックするのはこのスキル部分だと思いますが、この記載されているスキルから、どんな仕事内容なのかを判断できると言えるかもしれませんね。その会社の特徴が一番分かる部分と言えると思います。

あと、就職試験の時に非常に重要なものが志望動機です。下記のサイトなどを見てよく研究してください。

WEBデザイナーの転職・ライバルに勝てる!志望動機の準備

WEBデザイナーを目指している方へ

  • 投稿日:
  • by

WEBデザイナーを目指している方にとって、どうやってフォントを選んでいるのか?どうやって配色を決めているのか?どうしてそんなかっこいいサイトが出来上がるのか?どうしてそんなに簡単に決定していけるのか?等は興味があることではないでしょうか?デザインの世界には正解と言うものがないため、これからWEBデザイナーとして活躍したいと思っている方にとっては、デザインを難しいと感じる点と言えるでしょう。プランニングからデザインを仕上げるまでの基本を押さえる事が、まずは大切です。過程を学び、こなしていくことで知識が上がり、技術がアップしていきます。まずは重要なポイントである基本からしっかり頭に叩き込んでいきましょう。

管理人のプロフィール

  • 投稿日:
  • by

当サイトをご覧いただきありがとうございます。ブログを運営している岡田です。私は現在WEBデザイナーですが、元からWEBデザイナーを仕事としていたわけではありません。学生時代からバイトしていた企業に就職していました。WEB関係の仕事ではありましたが、今の様なクリエイターとしてデザイン作業の担当していませんでした。どちらかと言うとクライアント側に立つ仕事をしていました。上司との折り合いが上手くいかず、また厳しい環境もあって、転職する時にWEBデザイナーを目指そうと決意したのです。経験は全くない出発でしたが、独学で知識を付けながら就職活動をしました。その努力もあって今の企業で見事WEBデザイナーとして就職。念願叶った就職先では、責任ある仕事を任されています。人事担当も補佐役として任されています。